Nemerle 入門


はじめに

このページでは .NET Framework を対象としたプログラミング言語 Nemerle のチュートリアルを提供します。 Nemerle の言語バージョンは 1.1 を対象としています。

内容についての正確性は保証はしかねます。時間の経過とともに情報が古くなることについてもご了承ください。情報の誤りについては,コメント欄なり Twitter なりでご指摘いただければ可能な範囲で対応いたします。軽微な誤字・脱字でも歓迎です。

本文の内容・構成は,予告なく変更することがあります。付録は未執筆です。

読み方

基本的に最初から順番に読むことを想定していますが,好きな章から読む方式でも問題ないと思います。 Nemerle の文法について知りたい,確認したいという方は 5-8, 11 章, Nemerle 特有の機能であるマクロについて興味があるという方は 3, 10, 11 章を読むと良いでしょう。

目次

  1. 導入

    1. Nemerle とは
    2. なぜ Nemerle を選択するのか
    3. Nemerle コンパイラーと C#
  2. 開発環境を整える

    1. Nemerle のインストール
    2. Visual Studio
    3. その他のエディタ
  3. 最初の Nemerle プログラム

    1. Hello World
    2. Another Hello World
  4. プログラムの構造

    1. アセンブリ
    2. エントリーポイント
  5. 基本的な構文

    1. コメント
    2. ドキュメント
    3. 関数
    4. 変数
    5. 使用しない変数の名前
    6. 文字列
    7. ラムダ式
    8. ブロック
    9. パターンマッチ
    10. 条件分岐
    11. 反復処理
    12. 例外処理
  6. 基本のデータ型

    1. プリミティブ型
    2. void
    3. タプル
    4. 関数
    5. リスト
    6. 配列
    7. オプション
  7. 複雑な型とその周辺

    1. アクセシビリティ
    2. 名前空間
    3. using ディレクティブ
    4. モジュール
    5. クラス
    6. インターフェイス
    7. 構造体
    8. 列挙型
    9. バリアント
    10. 型エイリアス
    11. デリゲート
    12. 匿名型
    13. キャスト
  8. ジェネリクス

    1. ジェネリクスとは
    2. ジェネリクスを使う
    3. ジェネリックな関数や型を定義する
    4. 型パラメーターの制約
  9. メタプログラミング

    1. メタプログラミングとは
    2. マクロと属性
  10. いくつかの標準マクロ

    1. アレもコレもマクロだった
    2. リソース処理
    3. レコード
    4. 未実装
    5. オブジェクト修飾
    6. 契約プログラミング
    7. 遅延評価
    8. 命令型プログラミング
  11. マクロを作る

    1. コンパイル時計算
    2. 新規構文
    3. 型操作
  12. 付録

    1. 演算子
    2. コレクション操作
    3. コンピュテーション式
    4. ソースコードリポジトリの歩き方
    5. C# や F# との比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。